血圧測定器

高血圧は生活習慣病のひとつで、常時、血管に対して高い圧力がかかってしまっている症状です。
主にはふたつのタイプに分類することができ、この内、疾患などが原因で発生する高血圧に関しては、その疾患を治療することで完治を目指すことは可能です。
しかし一方、原因を特定することができない高血圧に関しては完治が難しく、一度、発症してしまったら生活習慣の改善、降圧剤の服用を、生涯にわたり続けて血圧を安定させる必要があります。
このように高血圧は、それ自体もとても厄介な様態ですが、加えて様々な合併症を引き起こすリスクファクターとしての一面も持っているので、その面から見ても厄介で、そして恐ろしい様態です。

高血圧の合併症としては、腎症、動脈硬化、心疾患や脳血管疾患などが挙げらます。
まず腎症ですが、これは高血圧が塩分の過剰摂取によって引き起こされることに関係しています。
塩分を過剰に摂取すると喉が渇き、それを癒すために水を多く飲むようになります。
すると血液量も増加するため、血管に対する負担も増えるわけですが、これはまた体内の塩分と水分のバランスを保つ、余分な水分を体外へと排出する役割を担っている腎臓にも、多大な負担をかけます。
その結果、腎機能が低下して腎症が引き起こされると言うわけです。
また強い負担に対して、血管は自分で自分の身を守るために、コレステロールなどを蓄えて分厚くなろうとします。
すると血管からは柔軟性が失われてしまい、少しの衝撃でも破れ、詰まりやすくなってしまいます。
これが動脈硬化と呼ばれる状態で、心臓の血管が詰まったり破れたりすれば心疾患が、そして脳の血管でそれらが起きれば脳血管疾患が発症してしまいます。

こうした合併症を防ぐためにも、まずは高血圧にならないことが必要です。
そしてもし、高血圧であると診断された場合には、症状を進行させないことが求められます。
その為にはノルバスクなどの高血圧治療薬の服用が効果的です。
ノルバスクは日本の医療機関でも使われている薬で安心度も高いため人気な薬です。
高血圧治療薬はノルバスクの他にもアダラートやミカルディスなどさまざまな薬がありますので、自分に合った薬を服用することが大切です。