高血圧が原因の危ない病気

血圧を測定する医者

高血圧が原因の危ない病気は、残念ながら数多く存在しています。
つまり高血圧は、それだけ様々な合併症を引き起こす危険因子とも言えるわけです。
高血圧が進行すればするほど、これらの合併症が引き起こされる可能性も高くなります。
ですから日頃から血圧には気を配り、高血圧が疑われた場合には、早めに医療機関に相談することが求められます。
高血圧が原因の危ない病気としては、まずは腎症が挙げられます。
これは体内の塩分と水分のバランスが崩れることで、腎臓に対しての負担も大きくなることから発生しやすくなります。
腎臓の機能が低下して、それが更に進行して腎不全にまで至ってしまうと、むくみや体のだるさ、食欲不振などが発生して、血圧は更に上昇します。
そして最悪の場合、人工透析が必要になることも考えられます。
それから動脈硬化、それによる心疾患や脳血管疾患です。
血液からの圧力に耐えるため、血管壁が分厚くなり、やがてそこにコレステロールが溜まってしまうのが動脈硬化です。

動脈硬化になると、血管は柔軟性を失い、また血液が流れるスペースは狭くなってしまいます。
その結果、少しのダメージでも血管が破れてしまったり、詰まってしまったりしやすくなります。
この状態は、血圧がますます上昇するのを招くばかりですし、狭心症や心筋梗塞と言った心疾患、脳卒中や脳梗塞と言った脳血管疾患を引き起こす可能性もあります。
特に心疾患、脳血管疾患は命の危機、重い後遺症にもつながりかねない、とても恐ろしい病気です。
そして糖尿病も、高血圧との関係が指摘されている、危ない病気です。
その原因は明らかにはなっていませんが、高血圧の人は、そうでない人に比べると2~3倍も、糖尿病を発症することは明らかになっています。
糖尿病も腎症や全身の神経障害、網膜症などの、重篤な症状を引き起こす病気です。