高血圧でのぼせてしまうのは血液の流れが良すぎるから

高血圧の人の中には、症状としてのぼせが出る人が居ます。
高血圧という病気は、動脈の血管に大きな負担がかかります。
本来、心臓がポンプの役割をして押し出した血液は血管を通じて全身に行き届くものなのですが、何らかの理由で血管が細くなったりしなやかさを失ってしまうと、一度に大量の血液をおくりこまれるために心臓が押し出した血液が血管に大きな負担を与えてしまうことになります。
高血圧というのは、血管にかかる負荷がどれだけ大きいのかと示す数値でもあります。
高血圧によるのぼせは、この心臓の働きが大きな要因となります。
心臓は身体中に血液を行きわたらせることが仕事のため、血管の細さなどは関係なく血液を送り出します。
その結果全身を流れる血液の量は増えることになり、血行が良くなりすぎることでのぼせの症状が出てしまうと言われています。
その証拠に、高血圧でのぼせの症状がある人に降圧剤などの血圧を下げる作用のある薬を服用してもらうと、血圧が下がって今までとは打って変わって寒がりになる人が居るのです。
これは血圧が下がったことにより、血管内を流れる血液の量が減ったことが原因です。

自分でできる解消法としては、適度な有酸素運動を行うようにしましょう。
頭以外の血管が拡張され血液が全身に向けて流れるようになると、のぼせの症状が治まるだけではなく、高血圧の改善にも効果が期待できます。
また、塩分を摂りすぎたり、のぼせるからと冷たいものばかりを食べていると身体が冷えてしまい症状が悪化してしまう可能性もあります。
規則正しい食生活で、必要な栄養素をちゃんとバランスよく摂取する言葉、のぼせと高血圧の改善のために重要なポイントとなります。

サイト内検索
人気記事一覧